夫婦でガイアプロジェクト対戦記録!!


f:id:asuna1111:20191128212458j:image

こんにちは。ボードゲーム好き夫婦のぺーさんとあすなんです。

最近夫婦2人でガイアプロジェクトの対戦を重ねるようになりました。

2試合くらい同じ盤面で、種族だけ変えて挑戦したりしています。

Twitterでは #夫婦ガイア で、対戦前のボードの状況をつぶやいて、どちらが勝つかのクイズをしています!

今回は、その記録をまとめてみました!ガイア初めてすぐの対戦記録なので、基本的に初な種族が多いです。

 

 

第1戦目~第9戦目 お互い初めて使う種族にワクワク

第1戦目 ジオデン人VSタクロン族

 

2人プレイだとタクロン族はパワーをもらいにくいので厳しいものがありそう…

タクロン族は、なんでもできるがゆえに自分で方針を決めないといけないので、ちょっと慣れてから使うのがよいのかもしれません。

意外と初心者が使うと迷っちゃうかも?

 

いずれにしても、4人だと3時間こえる印象のガイアプロジェクト。2人だと90分前後なので時間としては中量級くらいでよい!

 

 

第2戦目 マッドアンドロイドVSダー・シュワーム人

 

第1戦目と同じ盤面でプレイ。二人とも初めて使う種族ですが、マッドアンドロイドをうまく使いこなせた旦那の勝利です。よくわからんやつでしたが楽しかった。

研究民族かと思いきや、知識収入が入ってこないので意外と研究難しかった。

 

ダー・シュワームで手裏剣とばすの楽しい~

第3戦目 地球人VSグリーン人

 

圧倒的に有利だったはずの地球人ですが、UFO飛ばしなれてない嫁、初地球人な上に、大きいミスが重なってぎゃーwって感じになりました。2人の盤面は狭くUFO飛ばせる場所が中盤で尽きてしまったので、もっと早く動かないといけないようです。

第4戦目 イタル人VSバル・タック人

 

 

3戦目と同じマップでのプレイ。3戦目の盤面をツイートしたときに、私ならバル・タックを使うなあというコメントがあったので、旦那初バル・タックにチャレンジでした。

バル・タック人の使い方がいまいち分からない…首府開けはしない方がいいと思っているのですが、どうなのでしょう。

嫁は初研究民族でした。イタルくん。研究楽しいですね。

 

第5戦目 地球人VSグリーン人

 

第6戦目 ランティダ人VSアンバス人

 

相席楽しい初ランティダ人。嫁は鉱山ばらまくのが好きなので、相性がいい気がします。

でも相席しまくると鉱山がなくなるので、適度におひとりさまを建設して交易所にしていかないと大変…まあ、それが分かってたからこそ、普段鉱山がなくなって困るプレイが多いところ、交易所を早めに増やしにいけたのがよかったのかもしれないです。

 

第7戦目 バルタック人VSネヴラ人

 

盤面からの勝利予想が半々に割れた上に二人とも高得点での接戦。

初手から首府をあけにいって首府能力を使いまくったネヴラ人楽しかったです。

第8戦目 ゼノ族VSネヴラ人

 

初めてのガイアで選んだゼノ族、2回目のプレイでした。

今だから思うけど、初めてのガイアで、真っ先に学院あけにいったのは、初めてゆえの無謀だったなと思います(そのおかげで初プレイで111点と、末恐ろしいといわれるプレイができたのですが)

今ならそんなことは躊躇しちゃってできない…

 

今回のゼノは、ガイアマジョリティを目指すより、4同盟作ることを優先した方がよかったなあ…

でも1Rから同盟を作れて、3QICアクションを打ちまくれたのはゼノだからこそという感じがある。

ガイアプロジェクト初めて最初の方はあまり考慮する余裕のなかった、人工知能トラックやQICアクションを使えるようになってきました。

 

第9戦目 フィラク族VSハッシュ・ホラ人

 

 

 

感想

14種族やるまではインストということで、夫婦二人で対戦していけば14種族クリアも早いかなあと思っているところです。

少しずつ150点を超えることが出てきて上達が見えます。しかし、200点なんて全然届く気がしないです笑

2人プレイでは200点は超えないのか、もっと上級タイルを取っていく必要があるのか…

 

いずれにしても、90分くらいでできるので、ゲーマー夫婦としては夫婦で遊びたいボードゲーム=ガイアプロジェクト、を主張したい感じがしますね笑

 

Twitterのハッシュタグ #夫婦ガイア は、自由に使っていただいていいので、ぜひ全国のゲーマー夫婦のみなさん、夫婦ガイアを広げていきましょう←

 

↓ガイアプロジェクト以外の遊んだ記録まとめはこちらからどうぞ↓ 

 ~ブログ記事~

www.pepepediary.com

 ~ツイートまとめ~

www.pepepediary.com