夫婦でガイアプロジェクト対戦記録その2!第10戦目~


f:id:asuna1111:20191128212458j:image

こんにちは。ボードゲーム好き夫婦のぺーさんとあすなんです。

夫婦2人でガイアプロジェクトの対戦が10試合を超えてきています。

2試合くらい同じ盤面で、種族だけ変えて挑戦したりしています。

Twitterでは #夫婦ガイア で、対戦前のボードの状況をつぶやいて、どちらが勝つかのクイズをしています!

 

今回は、第10戦目以降の記録をまとめてみました!

旦那の点が170点台で安定してきております…

夫婦そろっての14種族制覇まであと少しです!

 

第1戦目から第9戦目まではこちらの記事をご覧ください。

    ↓ ↓ 

夫婦でガイアプロジェクト対戦記録!!

 

 

それでは第10戦目以降の奮闘をご覧ください!

 

第10戦目 ジオデン人VSアンバス人

 

 

今回、マップがひどいです笑

惑星と惑星の間が遠い…超えられない溝がありました。

 

 

二人試合はただでさえ隣接しにくいのに、このマップはきつかったですね。

そして、一番左の研究トラックをゴールした時の同盟タイルが、よりによって12点のやつなのが非常につらかった…

う…裏返せない…!!

第11戦目  ダー・シュワーム人VSマッドアンドロイド

 

 

お互い初種族でした。

前回と同じく、きついマップ。ですが、きついマップであることを理解した上で種族を変えてやってみると、それなりに頑張れるものがあるようです。

いや、それでもきつかったんですけどね…

第12戦目 イタル人VSグリーン人

 

今回はマップもタイルもリセットしました。

上級タイルの配置が非常にとがったマップになっております。

ガイアの研究トラックの上級タイルもガイアだし、

ガイア入植3点タイルも2列目でとりやすいし、

ラウンドの得点もガイア入植3点とガイア入植4点が両方あります。

 

これはガイア無双したい…ということで嫁は2回目のグリーン人を選択。

点差は開いたものの、ガイア無双はできたのでとても満足です。

 

第13戦目 イタル人VSグリーン人(同じマップで種族交換してみた)

 

 

12戦目とマップ等を同じ条件のまま、種族を交換してみました。

いつもは同じ条件のまま新しく種族を選びなおすのですが、上級タイルの配置が結構とがっている感じで面白かったので、種族を交換するとどうなるのかの実験です。

 

12戦目の際に、「このマップはどちらの種族が勝つか?」というクイズを出したところ、グリーン人もワンチャンあるという意見が見受けられました。

結果どうだったか。

グリーン人が勝ちました笑 どちらも旦那が使った種族の勝利です。

マップや初期配置だけでは勝敗は決まらないようですね…(当たり前だ)

 

そして嫁は「相手がどこに行くのかを予測したうえで相手の近くになるよう鉱山を建てた方がよいのでは」という旦那からのアドバイスを次回は実践してみたいと思います。

1堀で建てられるところを目指してどんどん遠くに行ってしまい、交易所が立てづらくなってしまっておりました…笑

 

第14戦目 フィラク族VSダ・シュワーム人

 

 

あすなん初フィラク族にして181点の勝利でした。ここのところ負け続きだったのですが、久々の粘り勝ちです。

 

 

科学トラックあげる→航法トラックあげる→ガイア計画あげる…という感じで左下に固まっていたガイア惑星を総取りできたのが強かったです。

ひとつ前の試合で、相手の近くになるように建てていくとパワーが入るよとアドバイスをもらったにもかかわらず、相変わらずどんどん遠くに行くあすなんでした。

 

そして、どちらが勝つかクイズではダー・シュワーム人に票が入っていましたが、やっぱり投票結果とは逆の方が勝つ傾向がある気がします笑

 

感想

 

旦那が170点安定してきている一方で、嫁は目先の資源に飛びつきがちで点が伸び悩んでいる感じです。とはいえ嫁も110点以上が続いているところですね。

 

それにしても、2人プレイでは200点は超えないのか、もっと上級タイルを取っていく必要があるのか…

 

いずれにしても、90分くらいでできるので、引き続きゲーマー夫婦としては夫婦で遊びたいボードゲーム=ガイアプロジェクト、を主張したい感じがしますね笑

 

Twitterのハッシュタグ #夫婦ガイア は、自由に使っていただいていいので、ぜひ全国のゲーマー夫婦のみなさん、夫婦ガイアを広げていきましょう←

 

↓ガイアプロジェクト以外の遊んだ記録まとめはこちらからどうぞ↓ 

 ~ブログ記事~

www.pepepediary.com

 ~ツイートまとめ~

www.pepepediary.com